副業に最適なワンルームマンション投資|会社勤めしてても出来る

男の人

共同所有による不動産投資

男の人

みんなで大家さんは不動産の共同所有権によって生じる分配金が利益の原資となる、不動産投資ファンドです。不動産投資としては比較的堅実性が確保された形態であり、預金の代替や資産形成の1つの方法としての活用が人気となっています。

トラブル時の対応も安心

住宅模型

一般的に不動産経営をする場合、空室リスクやトラブル時の家賃滞納など問題が起こるケースを想定しておかなければなりません。ですがサブリースを利用していれば、基本的な経営は不動産会社が行ってくれます。トラブル対応もお任せできます。

増加する保証会社の利用者

貯金箱

賃貸経営をするオーナーにとって困ることは家賃滞納です。連帯保証人に催促してもトラブルになる場合があります。それを解消できるのが家賃債務保証会社です。連帯保証人の代わりに会社が保証してくれるので、家賃回収のトラブルがなくなります。入居者にとっても連帯保証人を探すという面倒がなくなるので便利です。

サラリーマンに最適な投資

集合住宅

立地環境の良い物件を選ぶ

ワンルームマンション投資のメリットはサラリーマンやOLにもできるという点です。マンションのワンルームを購入して、それを賃貸用に貸し出す投資法です。ワンルームだけなので管理をする必要がなく、会社勤めをしながら副業としてやれます。ただし空室になると家賃収入が入ってこなくなるので、ワンルームマンション投資の場合は立地や住環境の良い物件を選ぶことが大事です。立地や住環境が良ければ、空室になってもすぐに次の入居者を見つけることができるからです。ワンルームマンション投資では収益率がとても大事なので、あまり高額なローンを組むと家賃収入で賄えなくなる恐れがあります。想定する家賃収入に釣り合った物件を購入することが大事です。

家賃をローン支払いに回す

会社員として働いているだけでは簡単に資産を増やすことはできないのです。資産を増やすためには会社員としての給料以外に、副業としての収入が必要です。副業にも色々ありますが、昼間働いて夜も働くとなると体調を崩してしまいます。しかしワンルームマンション投資なら特に何もすることがないので、昼間は会社で働いて夜は家庭で休むことができます。しかも毎月のローンの支払いは家賃収入を充てることができます。10年のローンを組んだ場合、10年間家賃収入で支払い続ければ、自分のお金を持ち出さなくてもワンルームが自分の資産になるのです。自分の資産になったらワンルームを売却すればまとまった資金を得ることができます。賃貸経営を続ければ家賃収入がまるまる入ってきます。会社勤めの人にはワンルームマンション投資が最適です。