副業に最適なワンルームマンション投資|会社勤めしてても出来る

女の人

増加する保証会社の利用者

貯金箱

滞納家賃をすぐに回収可能

アパートやマンションの賃貸経営をする時、オーナーにとって一番の不安は家賃滞納です。滞納したあげく夜逃げでもされたら、まるまる損失を被ることになります。それを防ぐために入居者には連帯保証人を求めるわけです。連帯保証人は保証した入居者が家賃滞納したら、その分を代わりに支払う義務があります。しかしトラブルに発展して連帯保証人が支払いを拒絶する場合もあります。そのような時は訴訟にまでなる可能性があります。このようなトラブルを防止するために、最近では連帯保証人の代わりに家賃債務保証会社を利用するオーナーが増えています。もし入居者が家賃滞納したら、家賃債務保証会社が支払ってくれる制度です。この制度を導入することによって、スムーズに家賃を回収できるのです。

入居者にとってのメリット

家賃債務保証制度はオーナーにとって便利なだけでなく、部屋を借りる入居者にとっても都合が良いのです。というのも家族や親族に連帯保証人を依頼する面倒がなくなるからです。連帯保証人になってもらうには収入証明書などを用意する必要があります。連帯保証人を依頼されたほとんどの人は迷惑に感じます。しかし家賃債務保証制度があれば、イヤな思いをして連帯保証人を頼まなくてすむのです。家賃を滞納せずにきちんち支払える人にとってはありがたい制度です。その代わり家賃債務保証会社には入居契約をする時に、家賃の30パーセントから1ヶ月分に相当する保証料を支払うことになります。保証期間はたいてい2年間なので、更新する時に再び保証料を支払います。